和歌山の事件にみる、子育てとは

和歌山の事件にみる、子育てとは

 

子育ては難儀中の難儀である

ぶっつけ本番である

厳しくてもだめ、甘やかしてもだめ

高度な技術が要求されるのである

何かで反発される

子育てにはポイントになる時期が三つある

①三歳までのガキの時間

②魔の思春期

③22歳ごろの旅立ちの時期

昔は徴兵制がこの旅立ちの時期に符合していたが

今はこれを家庭が担うようになった

時系列に見たとき子育ては

どこかに原因があったから今の結果があるととらえられる

子育てはまさしく技術である

悲惨な事件が起きるたびにこの技術が

親になる時に自動的に細胞に組み込まれればよいと思う

親は逃げることはできない

子を持つということは一重愛が深くなくてはいけない