生活資金が必要な人や零細事業者などが、短期のつなぎ資金を利用できる仕組みを構築しないと自殺者が増える

生活資金が必要な人や零細事業者などが、短期のつなぎ資金を利用できる仕組みを早急に構築しないとまた自殺者が増える
クレジットカードを使った買い物の形を装って現金を払い戻す手口で、多重債務者などに実質的に高金利で金を貸していたとして、飲食店経営者の男が出資法違反の疑いで逮捕された
去年6月に貸金業者の貸し付け額を制限する改正貸金業法が施行されて以降、「現金化業者」
が増えた
下記は
10万を借りた場合の利息計算である
100000円×年利4.9%×30÷365日=402円
年利6.9% 567円
年利14.5%1191円
10人に1人に当たる約1300万人がカードローン・サラ金を
利用していると言われる。
1、出資法の上限金利の引き下げ  上限20%
2、総量規制の導入      年収1/3以内
3、行為規制の強化
4、指定信用情報機関制度
5、特定指定の廃止
お金を借りられなくなった人がヤミ金融業者に流れるのを食い止める方策を
行政が考えないとまた自殺者が増えるだろう